利用者の性格に合っていた

ウーマン

データよりも人柄で

複数の情報を集め、結婚情報サービスを提供する会社よりも結婚相談所がよいと入会した人の体験談を見ると、システムが大きく違うとわかるでしょう。情報サービスは、マッチング方式を採用しており、入会した人同士のプロフィールの情報がマッチした場合に、コンピュータが情報を送るサービスです。プロフィールは郵送され、詳しい情報は直接情報サービスの会社でチェックする形をとることで、互いの個人情報を守る形式をとっています。対して結婚相談所の場合、徹底的に入会者の話を聞き、相性のよさそうな人を人が自らの手で紹介してくれる方式です。データでは決して見ることができない相性の良さを長年の経験ある相談員が確認し、お見合いにつなげる形式といわれています。体験談の多くが、入会してじっくり話を聞いてくれたと伝えており、多くの人が相談員に話を聞いてもらい、信頼していることがわかるでしょう。相談員を通じてお見合いを申し込み、相性がよければ付き合うことにつながりますが、成婚した体験談の場合、一度断ったけれどこの人しかいないと思いなおした場合もあります。経験豊富な結婚相談所員によって、一見合っていないような二人がお見合いをした結果、成功した例も少なくありません。結果として相性のよい二人として結婚することが多く、利用者が増えている理由がよくわかるといわれています。また、体験談の多くがデータ型よりも結婚相談所のやり方が性格にあっていて、相談員に感謝していると書いてあることも少なくありません。

Copyright© 2017 結婚相談所を探すために体験談を確認しよう|サービス内容がわかる All Rights Reserved.